スポーツ選手の近視手術でレーシック広まる

世の中にはめがねをかけている人が結構います。学校にも必ずクラスに何人かはいますし、会社においても結構おられます。会社の人となるとコンタクトレンズをされている方もおられるのでそういう人がたまにめがねをかけていたりするとびっくりする事があります。もしかすると組織の中では結構多くの人がめがねやコンタクトレンズをしているのではないかと思うくらいです。でもスポーツ選手を見ますとそれほど見かけません。サングラスをかけている人ぐらいです。
スポーツをする上ではめがねはやはり邪魔になるようです。コンタクトレンズもめがねよりは良いようですが落としたりするとその後が大変です。ですからめがねの方がよいということになるのでしょう。最近においては近視手術と知られているレーシックを受けられている人が多いということです。そのことによりこの方法が多くの人に知られるようになったということです。今では一般の人でも受けてみようという人が増えているということです。

Read More

レーシックによる近視手術は認可されている

新しい医療技術ができたときというのはそれを受けたいと思う事があります。費用はかかることになりますがそれによってよくなるということであれば生活が変わります。また自分自身が成功例となれば将来的に保険診療として多くの人が利用しやすくなるということもあります。ですから少しお金はかかっても利用して見たいという事があるのです。でもその技術が単に高いだけでは心配です。国がきちんと認めた方法かどうかということが気になります。
近視の手術としてよく知られているものにレーシックというものがあります。多くの人が利用しているということですがこちらの方法は国が認可しているのか気になるところです。こちらに関しては厚生労働省によって認可されている技術ということです。ですから安心して利用することができるといえます。この手術を受けることによって視界が大きく変わりますし、今までのわずらわしさがなくなります。活動意欲もわいてくると思います。

Read More

レーシックで近視を治す

視力矯正を必要とされる人の中で、もっとも多いのが近視です。近くの物を見るのにはさして不自由は無い物の、少し距離の離れた場所にあるものがよく見えないというこの症状は、例えば車を運転する時などは注意力が散漫となり大変危険ですし、スポーツ選手にとっては大きなハンデともなってしまいます。車を運転するだけなら、眼鏡やコンタクトレンズを使用すればいいだけですが、スポーツ選手やその他職業によっては、それらの矯正が難しい場合があります。レーシックを受けるスポーツ選手が多いのは、正にそれが理由なのです。
勿論、普通の生活の中でも眼鏡やコンタクトレンズが邪魔になることは多々あります。特に近視の場合は、子供の頃からそうだという人が多いため、矯正無しで視界がクリアであるということに、憧れすら抱いている人もいるのではないでしょうか。近頃は、レーシックの手術を行える眼科やクリニックが増えており、随分手軽に受けられるようになった事で、一般の人でも手術を受けたと言う人は珍しく無くなっています。

Read More

近視が治る!レーシック手術を受けるか、待つか

私は中学生のころから近視で、メガネとコンタクトレンズを手放せない生活です。両目とも0.05くらいでかなり悪く、コンタクトを外して外出などとてもできません。3年ほど前に、初めて知り合いがレーシックの手術を受けたとのことで、とても興味があったので話を詳しく聞きにいきました。「世界がかわるよ!!」と嬉しそうに話しているのを聞くと、私も受けてみたくなりました。確かにこれまでコンタクトかメガネがないと生活できなかったのが、朝目覚めたときから視界がよいなんて・・想像すると世界がかわる、というのも言いすぎではないですね!しかも予想以上に費用も安い。これも魅力的でした。加えて、痛くない、というのですから、これは受けない理由がない、とまで思いました。
しかし、そこからインターネットを見たり、レーシック手術を受けようと思ってやめた友人から話を聞くと、「失敗も多いらしい」「まだまだ新しい手術だから、長年たったときの結果がわからない」など、デメリットな話も多くでてきました。逆にレーシックを受ける知り合いもどんどん増えているので、あと3年くらいして問題がなければ、受けたいな、と思っています。

Read More

レーシックによる近視手術ではレーザー利用

子供のころにヒーローものの漫画であったりドラマを見た事があります。その中で主人公が相手と戦うときに色々な武器を使う事があります。思い出すのがレーザービームというものです。何らかの動作をするとそれが照射されます。それを受けた相手は苦しみやられてしまうというものです。友達同士でもそのようなレーザービームごっこのようなことを下記憶があります。実際レーザービームとは存在するのでしょうか。どのようなものなのでしょうか。
レーザービームではありませんがレーザーというものが色々な分野で使われているということです。レーザーには色々な種類があるということで人体に危険があるものもあればほとんどないものもあるということです。近視の手術として知られるレーシックにおいてもそのレーザーが使われているということですがこちらではエキシマレーザーというものが使われているということです。こちらは人体に悪い影響が無いレーザーということです。

Read More